------平成30年度の最低賃金-------------------------------------------- 
 東京都 985円 平成30年10月1日発効予定
東京都最低賃金が27円引き上げとなり時間額985円に改正されます。
------------------------------------------------------------------------
東  京 @985 円(前年958 +27円) 平成30年10月1日
神奈川  @983 円(前年956 +27円) 平成30年10月1日
---------------------------------------------------------------------------
 10月以降のアルバイトの採用及び10月以降の対象賃金に
ついては適用されますのでご留意下さい

 

 

 15年位前の東京都の最低賃金が710円程度でしたので
ここ10年で大幅に上昇しております。

 フルタイムの方の月給換算で4500円位のアップになります。

 

 

平成30年度の協会けんぽの保険料率は3月分(4月納付分)から改定されます

 

東京都 9.91% ↓ 9.90% (引き下げ)

健康保険料額(平成30年3月~)

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/hokenryouritu/h30/ippan/300313tokyo.pdf

 

埼玉県   9.87% ↓ 9.85% (引き下げ)

健康保険料額(平成30年3月~)

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/hokenryouritu/h30/ippan/300311saitama.pdf

 

 

神奈川県 9.93% → 9.93% (据え置き)

健康保険料額(平成30年3月~)

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/hokenryouritu/h30/ippan/300314kanagawa.pdf

 

 ※介護保険料率は全国一律で1.57%へと引き下げになります。

求人募集の際の注意(職業安定法の改正)H30.01.01施行
①労働条件の明示や明示する内容

固定残業制については

 基本給  ××円((2)の手当を除く額)
 □□手当   円 

   時間外の有無に関わらず、●時間分の時間外手当として▲▲円を支給
 ●時間を超える時間外労働分についての割増賃金は追加で支給  

  の記載が必要になります。

 

②労働条件の変更についての明示

 募集 基本給25万円~30万円/月給→基本給28万円
      基本給25万円       → 基本給25万円+固定見合い手当3万円


 ○労働者を募集する企業の皆様へ (厚生労働省)

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000171017_1.pdf


 

「無期転換」という言葉を聞いたことがありますか
有期契約の社員やパート・アルバイトがいる会社は要注意です。

 労働契約法の改正を受けて、5年を超えて「有期契約」が反復更新
された場合は労働者の申込により、「期間の定めのない労働契約」 
に転換されます。
  キャリアアップ助成金の活用もご検討下さい

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11650000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu/0000161151.pdf

平成30年 配偶者控除改正」  

 平成30年分以降、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しに伴い、配偶者に係わる扶養親族等の計算方法が変更されます。
 今年の年末調整では影響がありませんが、来年の1月からの給与から所得税、扶養控除等申告書の様式の変更に伴う記載事項の変更があります。

 

 適用要件がとても複雑でわかりにくいですが「影響を受ける方」をピックアップすると

 

・本人の合計所得金額が900万円前後(給与所得のみの場合は年収1,120万円前後)

 

・配偶者の合計所得金額が38万円前後(給与所得のみの場合は年収103万円前後)

 

 ex 900万円以下で配偶者の合計所得が85万円以下が見込まれる場合は
   源泉控除配偶者として扶養控除申告書に記載が必要なります。
  

詳しくは<改正内容>

国税庁<配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて>
 http://www.nta.go.jp/gensen/haigusya/index.htm


(概要)
・給与所得者の合計所得金額が1,000万円(年収1,220万円)を超えると配偶者控除は

 受けられない。

・配偶者控除額の見直し 
 給与所得者の合計所得金額が900万円(年収1,120万円)         :38万円
              900万円超~950万円以下(年収1,170万円以下):26万円
              950万円超~1,000万円以下         :13万円
              

・配偶者特別控除についても合計所得金額に応じて控除額が定められ、
 配偶者控除と同等額を受けれる所得要件が

 38万円超85万円以下(年収103万円超150万円以下)
 123万円未満(年収201万6千円未満)まで所得に応じた配偶者特別控除が

 受けれるようになります。


・配偶者の定義の変更

 従来の控除対象配偶者が「同一生計配偶者」という定義になり、

 「控除対象配偶者」とはその中で

  給与所得者の合計所得金額1,000万円以下配偶者38万円以下を意味します。

 新たに「源泉控除配偶者」という
  給与所得者の合計所得金額900万円以下で配偶者85万円以下
  という定義が加わりました。 

 

(国税庁)<給与所得者向けパンフレット>
・平成30年分以降の配偶者控除及び配偶者特別控除の取扱いについて(PDF/157KB)
   http://www.nta.go.jp/gensen/haigusya/pdf/03.pdf

 

  

------平成29年度の最低賃金-------------------------------------------- 
 東京都 958円 平成29年10月1日発効予定
東京都最低賃金が26円引き上げとなり時間額958円に改正されます。

 最低賃金「時間給」(前年)
 埼  玉 871 (845)
 千  葉 868 (842)
 東  京 958 (932)
 神奈川 956 (930)
 沖  縄 737 (714)
 全国加重平均額  (823) -
 
-----平成29年9月分(同年10月納付分)から厚生年金保険料率が引き上げられます---------
  厚生生年金保険料率  改定前18.182% → 改定後18.300%
   (事業主・本人折半)                  9.091%  →         9.150% 

  保険料率の改定される9月は、4.5.6月に支払われた給与を届け出る「算定基礎届」の提出に伴い、保険料の算定基礎となる「標準報酬月額」が改定される場合があります。

 ※算定基礎届とは、実際に支払われている給与と社会保険の標準報酬月額が
 乖離しないようにするための定期的な届出です。 

社会保険料の算定方法
 = 「標準報酬月額」 × 「保険料率」 = 保険料
 
 ※標準報酬月額とは実際に支払われる給与月額ではありません。
  基本給のほか残業手当や通勤手当などを含めた税引き前の総支給額を一定の範囲で

  区分した報酬等級にあてはめ標準報酬月額を決定します。
   EX 給与総額21万円 → 標準報酬月額 22万円

平成29年1月より65歳以上も雇用保険の適用対象になります。

 

 これまで65歳に達する前から引き続き雇用されている人だけが
65歳以降も雇用保険の被保険者となっていましたが、
1月以降は、
①65歳以上で新たに雇用された人
②これまで適用除外として加入してこなかった人
 加入手続が必要になります。

なお、保険料の徴収は平成31年度まで免除になります。

 

H28年分 年末調整


 年末調整における大きな変更点に「非居住者である親族に係る扶養控除等」の変更があります。

具体的には
①親族関係書類 ②送金関係書類 の提出又は提示です。

 

 外国人スタッフなど非居住者親族を控除対象とするスタッフには、

早めのアナウンスが必要です。

  

国外居住親族に係る扶養控除等の適用について(パンフレット) 

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/pdf/kokugaifuyou_leaflet.pdf

   

給与所得者用リーフレット(英語版) 

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/pdf/fuyo_en.pdf

    

国外居住親族に対する送金関係書類の明細書について(国税庁) 

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/kokugai/sokin/index.htm

 

 

 

平成28年度の最低賃金 東京都 932円(+25円)平成28年10月1日発効予定

 

 答申された改定額の全国加重平均額は823円で27年度に比べて25円のアップとなり大幅な引き上げとなっております。

<最低賃金時間給(前年)>

 東 京 932円(907円) 25円引き上げ

 神奈川 930円(905円) 25円引き上げ

 埼 玉 845円(820円) 25円引き上げ

 

 愛 知 845円(820円) 25円引き上げ

 大 阪 883円(858円) 25円引き上げ 

 福 岡 765円(743円) 25円引き上げ

  縄 714円(693円) 21円引き上げ